ボタニスト 口コミ

髪質が変わるって本当?その原因は?

 

赤ちゃんの時は、ポヤポヤの柔らかい産毛なのに、段々とコシのあるしっかりとした髪の毛になり、
ある程度の年齢になると、またポヤポヤとは言わないものの、元気を失った髪の毛になってしまいます。

 

その一番の原因は、女性ホルモンの影響でしょう。

 

 

髪の毛や頭皮に直接アプローチするよりも、女性ホルモンを増やす事に着目してみました。
女性ホルモンは年齢と共に減少していくのですが、ただただ指を加えてそれを受け入れるのでは無く、ホルモンの分泌を活発にするような対策を考えてみましょう。

 

女性ホルモンが減る原因って何?

 

・年齢
・食生活の乱れ
・生活習慣の乱れ
・ストレス

 

加齢は避けられないとしても、食事や生活習慣・ストレスについては、改善の余地があります。

 

 

女性ホルモンを増やす食品とは?

 

ナッツ類・大豆イソフラボン・魚・卵などが、脳の血行を良くし、
ホルモン分泌に関わる部位に栄養を与えますので、結果として女性モルモンの分泌を促すという事になります。

 

 

 

髪の毛のコシがなくなり、白髪が増え、しまいには薄毛になってしまうと、一気に老け顔になってしまいます。

 

特に女性は実年齢よりも見た目がいくつなのか?が大事です。
食品で体と脳に栄養を与え、いつまでも若々しく過ごしたいものですね。